« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

3月27日放送分「りんごケーキ」

りんごケーキ

材料:砂糖1カップ、卵2個、サラダ油1/2カップ、シナモン小さじ1、小麦粉2カップ、ベーキングパウダー小さじ1、塩少々
作り方:
  1. シナモン、小麦粉、ベーキングパウダー、塩を合わせ 、ふるっておく。
  2. ボールに、砂糖、卵、サラダ油をよく混ぜる。
  3. 2にふるった粉類を入れる。混ぜ合わせる前にりんごを入れ、りんごに粉をまぶしその後全部混ぜる。(粉の部分が少ない 感じ)
  4. 好みでナッツ、レーズンを入れる。
  5. 天板にアルミを敷き、2~3センチの厚さに流す。 200度に予熱したオーブンで30分くらい焼く。
  6. 生クリームまたは粉砂糖をかけて供する。
コメント:おせつ会の土居さんがアメリカのボストンで出会ったレシピです。実は土居さんのお母様が昔作ってくれたレシピと同じだったそうです。ボストンで再会した思い出のりんごケーキです。優しいお味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月20日放送分「そば粉deパンケーキ」

そば粉deパンケーキ(10cm×約5枚)

Dscf0959_2

材料:そば粉1/2カップ、小麦粉1と1/2カップ、ベーキングパウダー小1、溶かしバター大1、溶き卵1個、牛乳約1カップ、焼く時の バター適宜 [トッピング用] トロけるチーズ適宜、ロースハム5枚
作り方:
  1. そば粉、小麦粉、ベーキングパウダーを合わせ、ふるっておく。
  2. 溶き卵、溶かしバターを1に入れる。
  3. さらに牛乳を入れて、混ぜ合わせる。
  4. 冷蔵庫で20~30分、生地を寝かせる(省略可)。
  5. バター少々をひいて、弱火で直径10cmに焼き、フツフツと回りに穴があいたら返して裏も焼く。
  6. 返したら、トロけるチーズ&ロースハムをのせてフライパンのふたをして、チーズが溶けて裏が焼けたら出来上がり。
コメント:
おやつ風パンケーキ(ホットケーキ)にする場合は、砂糖大1、バニラビーンズまたはバニラエッセンス少々を基本レシピに追加して、メイプルシ ロップ等で召し上がってください。焼いてから、冷凍しても大丈夫です。また、混ぜ合わせた生地を冷蔵庫で一晩置いてから焼いても上手く焼けます。全量を 小麦粉にする場合は、牛乳の量は1カップ弱にして下さい。応用編として、生地にバナナやヨーグルトを入れても美味しいです。その時は牛乳の量を調節して 下さい。尚、そばアレルギーの方はご注意下さい。



前川先生のお料理教室

前川先生のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月13日放送分「子持ちししゃものエスカペッシュ」

子持ちししゃものエスカペッシュ

材料:
子持ちしし ゃも1パック、小麦粉適宜、タマネギ1/4個、にんじん1/2本、にんにく1かけ、白ワイン大さじ2、白ワインビネガー大さじ2、オリーブオイル大さじ4、砂糖大さじ1、塩小さじ1/2~1、胡椒少々
作り方:
  1. 子持ちししゃもの水気をよく拭き、小麦粉をまぶして170~180℃の油で揚げる。ペーパー等にとってよく 油をきり、バットや耐熱皿(漬け汁が加わるので、少し深さのあるもの、まんべんなく漬かるように平なものがよい)に並べる 。             
  2. タマネギを薄切り、ニンジンを千切りにする。
  3. 小鍋に、潰したにんにくとオリーブオイルを入れて火にかける。香りがたってきたら、弱火にして②の野菜をいれてゆっく り火をとおす。
  4. 野菜がしんなりしたら、白ワインビネガー、続いて白ワインを入れ、アルコールをとばす。数分煮る。
  5. 砂糖(お好みでなしでもよい)、塩、胡椒を加え味を調える。
  6. 熱いうちに①のししゃもにかける。あら熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やす。半日~1日漬かった方がおいしいです。
コメント:
野菜は、基本タマネギ、にんじんを入れていますが、彩りを考えたり、冷蔵庫にあれば、ピーマン3色や、セロリ、きのこ類、ラディッシュ、カブなども入れてもおいしいと思います。また、ハーブ類(パセリやタイムなど)を入れても風味がまた違っておいしいです。 野菜がしっかりしたものがお好みなら、野菜によっては生のままで揚げたししゃもの上に置き、その上から熱い漬け汁をかけてもよろしいかと思います。


noteパリでお料理を学んだ経験を持つ、宮前区の倫子さんのオリジナルレシピです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »