« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

6月26日放送分「ズワイガニレポート」

先日、藤本先生のお料理教室「アジアンダイニング」にて、

ハッピィ♪レシピィ♪コーナーでもおなじみの

藤本典子先生、前川千里先生のご協力の下、

「ズワイガニを楽しむ会」を3人で開催いたしましたcancer

ズワイガニは、東京ずわい屋さんのものです。

080623_10550001 一度ボイルしたものを冷凍したものが多く流通する中、

東京ずわい屋さんでは、「生の蟹」を冷凍して送ってくれるので、流水解答すれば、生の蟹のおいしさを存分に楽しめるのです!

生の蟹の持ち味を、存分に引き出すお料理方法は、

①カニ鍋

②かにしゃぶ

③焼き蟹

のようなのですが、今回は焼き蟹にしてみました。

…といっても、調理してくださったのは先生方ですhappy02

080623_11010001 これが焼き蟹です。

お味は、とにかく甘い!!調味料は要りません。

しかも、とってもジューシーです。ボイルした蟹とは

全然違います。ぜひ一度、お試しいただきたい!

このときの詳しい様子は、6月26日(木曜日)午後2時20分ころ~

ハッピィ♪レシピィ♪のコーナーで!

Dsc01747 藤本先生(左)と前川先生(右)です!

お二人ともとっても優しくて、そして明るいので、

毎回お話を伺うのが楽しみなんです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月19日放送分「豚ロースの胡麻揚げ酢豚風」

豚ロースの胡麻揚げ酢豚風

Buta_goma_subuta1

材料:豚ロース3枚、煎り胡麻大2、玉ねぎ1/2個、あさつき(または細ねぎ)適宜 [調味料] 酒大1、しょうゆ大1、片栗粉大4~5 [タレ] 酢(または黒酢)大5、酒大2、ケチャップ大1、しょうゆ大2、オイスターソース大1、砂糖大5、ごま油少々
作り方:
  1. 豚ロースを1cm幅に切る。玉ねぎも同様の大きさに切る。
  2. 豚肉に酒、しょうゆで調味し、胡麻をまぶし片栗粉をつけて少量の油で揚げる。肉を取り出し玉ねぎも軽く油通しする。
  3. フライパンの余分な油をすてる。
  4. フライパンにタレを入れ、よく煮詰めてとろみをつける。
  5. タレと肉、玉ねぎをよくからませ、あさつき(細ねぎ)をちらしてただきます。
コメント:しいたけ、ピーマン、下茹でしたたけのこやにんじんなどを入れても美味しいです。



前川先生のお料理教室

前川先生のブログ

サカモトが作ってみたレポートはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6月12日放送分「クロックムッシュー」と「クロックマダム」

クロックムッシュー

Image526

材料(一人分):
食パン2枚、ロースハム1枚、グリュエールチーズ 薄切り1枚、バター適宜
作り方:
  1. バターを鍋で溶かし、2枚の食パンの両面に塗る。
  2. 一枚の食パンの上に、ハムとグリュエールチーズをのせ、その上にもう一枚のパンをかぶせる。
  3. 天板にのせオーブンへ。チーズが溶け、お好みに焼けたら出来上がり。

クロックマダム

材料(一人分):
食パン(厚切り)1枚、ベシャメルソース大さじ2~3、ロースハム1枚、卵1個、グリュエールチーズ 細切り、バター適宜
作り方:
  1. 食パンがちょうど入る大きさの皿(グラタン皿)などに、バターを塗っておく。
  2. 食パンの片面にバターを軽く塗る。バターを塗った面を上にして、①の皿に入れる。
  3. ②の食パンにおおさじ山盛り1杯のベシャメルソースを塗り、ハムをのせる。その上に再びベシャメルソース大さじ山盛り1杯を塗り、その上にグリュエールチーズを散らす。
  4. 温めておいたオーブンで焼く。この間に目玉焼きを作る。
  5. 焼きあがったパンの上に、目玉焼きをのせれば出来上がり♪
コメント:
バターがたっぷりなのはちょっと、という方は、パンに塗るのをオリーブオイルに替えてもOK。中にスライスしたトマトをはさんでもおいしいですよ。


noteパリでお料理を学んだ経験を持つ、宮前区在住、のりこさんのオリジナルレシピです。

サカモトが作ってみたレポートはこちらから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月5日放送分「カンタン煮豚」「怪獣たまご」

カンタン煮豚

材料:
豚型ロースかたまり肉500g、A(しょうゆ1/3カップ、酒1/4カップ、砂糖大さじ2、塩小1弱
作り方:
  1. フライパンで、豚肉の表面に焼き目をつける。
  2. 沸騰したなべで、40分ほど弱火で茹でる。
  3. ビニール袋にAを入れて、茹でたての豚肉を浸す。2日たったら取り出す。

怪獣たまご 

Z_2

材料:
卵6個、烏龍茶葉大さじ1、カンタン煮豚で使った漬け汁、鶏がら顆粒適宜
作り方:
  1. 卵をゆで、殻を叩いて表面にひびを入れる。
  2. 鍋に、卵、漬け汁、浸る程度の水、烏龍茶葉を入れて火にかけ、30分ほど弱火で煮て、そのまま冷やす。殻をむくと、割れ目にしょうゆ色が染み込み。、怪獣の卵に!
ポイント:
台湾の茶葉蛋をアレンジした怪獣たまご。卵のひびは、色が染み込むように、しっかりと入れてくださいね、五香粉などを入れて煮ると本格的♪カンタン煮豚の漬け汁は、薄切りにした煮豚にタレとしても使えます。



藤本先生のお料理教室

サカモトが作ってみたレポートはこちら!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »